大井バプテスト教会

  • 所在地大井5-10-12
  • 構造・規模木造2階
  • 竣工年1952年
  • 設計者不明

開口部の尖塔アーチや祭壇上部のトレーサリーを模したレリーフなどゴシック様式の要素がみられるモダンなデザインの教会堂です。1960 年頃から近所に住む建築家吉原正によって数度にわたり増改築が行われ、隣地にあけぼの幼稚園を併設し、現在の形になりました。モダニズム特有の装飾を排した幾何学的な構成によってデザインされ、水平性を強調した庇や円形窓などに特徴がみられます。なお教会堂増改築とあけぼの幼稚園の設計は吉原正です。

*トレーサリーとは=ゴシック建築の特徴の一つで、アーチ形の窓の上部にはめこむ装飾用の組子。

*建物本来の目的を考慮して、良識のある行動を心がけてください。

*吉原正=1922年生まれ、2014年没。建築家の天野太郎のパートナーとして活躍。代表作に厳正寺(1962年)、日本バプテスト連盟天城山荘(1964年)、日本バプテスト浦和キリスト教会(1995年)など。

ツアー概要

牧師の加藤誠と建築家の平井充とともに教会堂建築の増改築の変遷を辿ります。 抽選結果は11月18日以降、お申込者全員にお知らせします。当選者のみ具体的な集合場所等についてご連絡します。

  • 前半の部

    イベント番号
    9
    日時
    13:20-14:00
    集合場所(解散場所)
    当選者のみ連絡
    定員
    15名
    ナビゲーター
    加藤誠、平井充
  • 後半の部

    イベント番号
    10
    日時
    14:20-15:00
    集合場所(解散場所)
    当選者のみ連絡
    定員
    15名
    ナビゲーター
    加藤誠、平井充

申込不要
※公開時間

13:00-15:00