昭和ネオン高村看板ミュージアム

  • 所在地南品川1-7-17 株式会社昭和ネオン2F
  • 構造・規模鉄筋コンクリート造 地上6階建
  • 竣工年1973年
  • 設計者池田忠 一級建築士事務所

大正11年(1922年)に創業した「高村看板店」はその後「昭和ネオン」に社名を変え、現在は屋外広告やLEDサインなど建築にゆかりのある事業を行なっています。3代目社長高村五郎が自らの事業のルーツとして、また時代と共に消えゆく看板を惜しみ、江戸時代の古看板に興味を持ち始めました。没後、同氏が収集した膨大なコレクションを広く一般に公開しようと、2006年に4代目社長の高村 徹が旧東海道に面している同社ビルの立地から「高村看板ミュージアム」を自社ビル内に開設しました。看板はその時代の文化を反映するものです。個々の看板デザインから商店の個性や物語などがうかがえます。

*入館料無料

ツアー概要

  • 前半の部

    イベント番号
    日時
    集合場所(解散場所)
    定員
    ナビゲーター

申込不要
※公開時間

10:00-17:00