茶室「有時庵うじあん

  • 所在地北品川4-7-36
  • 構造・規模1階
  • 竣工年1992年
  • 設計者磯崎新

世界的建築家の磯崎新による現代茶室。ステンレスで作られたにじり口、チタニウムパネルの壁、円形と方形を組み合わせた外観といった斬新なデザインは現代建築の粋と茶の湯の心の調和を表しています。その一方で、囲い壁に千年屋久杉、床柱に薬師寺の古材の檜など貴重な材料を組み合わせています。伝統と革新の融合によって出来上がった現代茶室は、御殿山庭園の中にひっそりと佇んでいます。

磯崎新=1931年生まれ。今年、建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞。「世界のタンゲ」と呼ばれた丹下健三の弟子にして、1970年代にその後継者とみなされるようになりました。代表作に「つくばセンタービル」(1983年)、「ロサンゼルス現代美術館」(1986年)、「水戸芸術館」(1990年)など国内外に多数。

*内部が狭いため、入場制限を行う場合がございます。

ツアー概要

  • 前半の部

    イベント番号
    日時
    集合場所(解散場所)
    定員
    ナビゲーター

申込不要
※公開時間

10:00-17:00 *通常非公開