東急池上線戸越銀座駅

  • 所在地平塚2-16-1
  • 構造・規模木造(一部鉄骨造)2階(一部1階)
  • 竣工年2016年
  • 設計者アトリエユニゾン (事業主:東急電鉄)

1927年に開設されて以来、約90年間使われた初代駅舎は、2016年に同じく木造による2代目駅舎に生まれ変わりました。木造シザーストラス構造と鉄骨フレームが併用されたホーム屋根が特徴です。使われているのは東京の木多摩産の木材で、建設時の二酸化炭素排出量の削減や山の保全整備に貢献しています。地元住民が参加したワークショップを通じ、ベンチの裏側やメモリアルボードに初代駅舎へのメッセージが残されています。

*木造シザーストラス構造=木材をハサミの様に支点で交じらせながら組み上げていく構造方式。大空間を美しく合理的に実現する。

*駅構内に入るときは入場券が必要になります。

ツアー概要

戸越銀座駅→旗の台駅 東急電鉄の担当者が駅舎の構造や建設工事のプロセスなどをお話しします。電車で移動し、二つの駅を巡ります。要乗車券。 抽選結果は11月18日以降、お申込者全員にお知らせします。当選者のみ具体的な集合場所等についてご連絡します。

  • 前半の部

    イベント番号
    8
    日時
    10:00-11:30
    集合場所(解散場所)
    当選者のみ連絡
    定員
    10名
    ナビゲーター
    東急電鉄の設計担当者

申込不要
※公開時間

始発〜終電