杉野記念館 旧称:杉野繁一・芳子邸

  • 所在地上大崎4-6-19
  • 構造・規模木造2階
  • 竣工年1938年
  • 設計者杉野繁一

杉野学園の創立者である杉野繁一・芳子夫妻が終生を過ごした旧居。夫妻の没後に学園に遺贈され、現在は杉野記念館として公開されています。設計はアメリカで建築を学んだ杉野繁一が自ら手がけました。見どころのひとつはかつての応接間、玄関、階段室にあるステンドグラスです。インテリアはアール・デコ調にまとめられており、寄木の床や端正なデザインのラジエターボックスなどが目につきます。今回のオープンしなけんでは今まで公開していなかった2階もご覧いただけます。

*アール・デコ=1920〜30年代にかけて世界中で流行したデザイン様式。直線的で幾何学的な図像を多用した点が特徴です。

ツアー概要

館長の杉野秀子が創立者の想いをお話ししながら建物を案内します。 抽選結果は11月18日以降、お申込者全員にお知らせします。当選者のみ具体的な集合場所等についてご連絡します。

  • 前半の部

    イベント番号
    3
    日時
    10:30-11:00
    集合場所(解散場所)
    当選者のみ連絡
    定員
    15名
    ナビゲーター
    杉野秀子
  • 後半の部

    イベント番号
    4
    日時
    14:00-14:30
    集合場所(解散場所)
    当選者のみ連絡
    定員
    15名
    ナビゲーター
    杉野秀子

申込不要
※公開時間

10:00-16:00 *通常予約制